外壁塗装でグレードアップ

塗装の費用

外壁塗装の金額の傾向について

外壁塗装の見積もり依頼をすると、業者によっては様々な金額が提示されます。使用する塗料の種類や職人の施工費など色々な要素が関係することになるわけですが、概して金額は高めとなる傾向が見られます。それと言うのも、塗料が常に進化しているためにその料金も高額となるわけです。建物を守るその機能性の高さがトレンドとなっているわけです。 耐久性の高い、なおかつ断熱性の高い塗料を使用する場合には施工技術も高いものが求めれます。そのために熟練の技術を持つ職人による施工が必要となるために、その施工費も高くなってきます。その分塗装は長持ちし、しかも建物も長い間劣化から守られることになるので、長い目で見るとランニングコストは安くなるものです。

これまでの歴史の変遷について

外壁塗装はかつて、単なる外装の塗装といった役割を持つのみだったものですが、今ではエクステリアとしての役割をも担うものとなっています。そのために、リフォームの際に極力安い費用で行われていたものが、それなりの費用をかけてしっかりと施工されるようになったのです。 外壁塗装で使用される塗料はその素材にも工夫が凝らされるようになっています。現在は光触媒による汚れのつかないものも提供されています。また、塗料全体に弱いとされる紫外線も予防することによって、ヒビ割れの発生を防ぐものも用いられています。ヒビ割れは雨漏りの原因となりますし、雨水が入り込んでしまうと躯体の劣化につながるわけです。そのような劣化を防ぐことで建物を長持ちさせる外壁塗装がトレンドとなっているわけです。